MEISTER TEAM
伝統の技も、最先端の技も、思いはひとつに。
福岡県内には、農産物、畜産物、水産物、伝統工芸品など、自慢したくなる素晴らしいものが数多くあります。
そんな地域の資源をセレクトして、列車に散りばめました。
散りばめた数々のアイテムが、観光列車のお食事やサービス、そして特別な空間を彩り、皆様をお迎えします。
井上らんたい漆器(竹編み)
井上 正信
明治時代創業で3代続いている井上らんたい漆器で、編み手として製品を作っている。先代は昭和天皇のご即位式で使用された屏風を製作した歴史をもつ。現在では数少なくなった久留米籃胎漆器の伝統の技を守りながら、展示会で全国を周り、後世への継承にも取り組んでいる。
列車の天井面には久留米籃胎漆器の竹籠を編む技術による竹細工を使用し、井上らんたい漆器が守り続けている伝統的な技法をふんだんに施している。材料である竹は地元八女産のものを使用。

※久留米籃胎漆器とは、竹を網目状に編みあげ、漆を塗り重ねて作られる漆器。福岡県知事指定特産工芸品・民芸品

※八女竹細工とは、八女の竹を使用し100種類以上の竹編み技法を使って編んだ籠やザルなどの日用品。福岡県知事指定特産工芸品・民芸品

城島瓦協同組合(城島瓦)
渋田 良一
城島瓦協同組合の渋田瓦工場で瓦製造に携わる。
全盛期には120もの瓦製造者がひしめき合っていた城島地域だが、近年では瓦製造者が著しく減少。そんな中、従来の屋根瓦だけでなく、敷瓦やタイル状の瓦など屋内外の様々なシーンで利用可能な瓦づくりに挑戦しながら、伝統ある城島瓦を守り続けている。列車内の壁材として採用されたのは、渋田瓦工場の代表・渋田良一氏が創りだす新しいスタイルの城島瓦。列車デザイナーの要望に応え、城島瓦の特徴である光沢が美しいいぶし銀に加えて、赤みを帯びた素焼きのものなど、他では珍しい色彩のものを製作し、デザイン性を高めている。

※城島瓦のなかでも、屋根の端を飾る鬼瓦は、「城島鬼瓦」として福岡県知事指定特産工芸品・民芸品に登録